観劇とコンサートの記録

見え方、双眼鏡。ジャニーズの舞台が中心

終演時間と最終電車

 遠征する時に気になるのが、終演時刻と最終電車の時間だ。宿泊費5000円~1万円はけっこう大きいので、日帰りすることも多かった。

 

 シアタークリエで某4人組Jr.の公演を見た時は、2回とも18時開演で上演が2時間ほどだったので、東京駅22時発の最終新幹線よりも早く帰ることができた。

 

 間に合うかドキドキしたのが、帝劇の某ミュージカル*1だ。夜公演の終演が21:10~15だったので、22時まで1時間もないからだ。

 終演後すぐ有楽町駅から山手線(または京浜東北線)で東京駅に向かうルートで移動したところ、21:30~35分ごろ東京駅の山手線ホームに到着でき、慌てなくても新幹線に乗ることができた。しかしそこそこぎりぎりなので、万一乗り遅れた時のためにEX予約のキャンセル方法や、高速バス乗り場の場所も事前に確認した。

 某ミュージカルは何年も行われていることもあるのか、見に行った2回とも予告通りの時間に終演したが、もし延びたらと思うと結構ドキドキするし、初日や1400回記念公演はカーテンコールを長くやっていたようなので、最後まで見たらたぶん間に合わない。

 今年、帝劇の別のミュージカルでトラブルでいつもより30分終演が遅くなったことがあったと聞いた。その時は劇場の支配人が出てきてお詫びしたそうで、そこまで延びることはそうそうないのだろう。見に行った公演の中で一番延びた時は10~15分遅れぐらいだった。たぶんそれぐらいはよくあることなのだと思う。

 

 無理のある遠征をしてしまい、あやうく最終新幹線に乗り遅れそうになったのが、梅田のシアタードラマシティでストレートプレイを見た時だ。その日は初日で、上演時間を知ったのが当日すでに家を出てからだった。19時開演で、発表された終演時間は21時45分だった。新幹線の最終は22時30分新大阪発。カーテンコールまで終わったのは22時だったが、なんとか間に合った。カーテンコールでは3回も出てきてくれて本当なら喜びたいところだったが、間に合うかどうかばかり気になってそれどころではなかった。同じような人は他にもいたようで、カーテンコールの途中、出演者がいったん袖に下がったタイミングで帰った人もちらほらいた。

 上演時間が初日の直前まで発表されないこと、初日のカーテンコールが他の日より長くなることは予想できたし、この日は開演時間が1時間遅かったので、できれば他の日に見たかったが、あいにく都合がついたのがその日だけだった。ストレートプレイで3時間近いのは少し予想外ではあったが、計画が甘い部分があった。

 

 福井のフェニックス・プラザにコンサートを見に行った時は、日帰りするか迷って、結局泊まった。コンサートは舞台と違って終演時刻が発表されないが、2時間半~3時間ぐらいのことが多く、18時開演だったので、最終のしらさぎの20時55分発には間に合わないと予想し、ホテルを予約していた。会場から福井駅まで徒歩で30分弱、路面電車で10~15分ぐらいあった。

 グループを脱退してソロで活動している、その人の前回のコンサートは、演出の人が所属しているグループのコンサートのように、かなり長かった。なので期待していた部分もあったが、初日が終わってみると公演時間は2時間もなかった。日帰りできないこともないのはありがたかったが、予想外に短い公演時間でがっかりして複雑な気持ちだった。

 間に合うとしてもギリギリなので、結局そのまま泊まることにした。当日終演後、ホテルに向かうために路面電車福井駅まで行ったところ、ギリギリ間に合う時間ではあった。しらさぎより、サンダーバードは30分ほど最終電車が遅いので、もし京都・大阪方面なら日帰りしていたと思う。

*1:Endless SHOCK