観劇とコンサートの記録

見え方、双眼鏡。ジャニーズの舞台が中心

梅芸メインホールの感想

非ジャニのミュージカルを見に初メインホールへ。

座席は3階2列1桁番台(下手サイド)。

双眼鏡はビクセン・アリーナM6×21を持って行ったところ、180センチのキャストの全身が視野にちょうどおさまるぐらいだった。

双眼鏡なしで表情をしっかり見るのはさすがに厳しいが、思ったより近いと思った。人を判別するために双眼鏡の力を借りた時もあったが、ストーリーを理解するだけなら、なくてもなんとかなるのかもしれない。

サイドだったので角度はあったが、見にくいと感じるほどではなかった。後半、舞台下手で(?)俳優が語る場面で見切れがあり、声だけしか聞こえなかったが、見切れが気になったのはその数十秒だけで他の場面は問題なかった。帝劇の前列サイドよりはだいぶいいと感じた。

3階席でおいしかったのは、上からなので、前から見るのとは違った(であろう)ものが見えたこと。せりが下がった後に、見えないはずの小道具がちらっと見えたりした。

 

同じ梅芸のドラマシティはお尻が痛くなったけれど、メインホールの椅子はそんなこともなかった。お手洗いはやっぱり混雑していたけれど、帝劇よりは回転が早そうだった。帰りに某ミュージカルのDVDを買おうか迷ったが、クレジットカードが使えないので諦めた。 

 

結局、某Jr.グループのGWの舞台は見に行かなかった。もしかしたら、降り時なのかもしれない。