読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jr.担なのか、たまたまJr.のファンなのか

場違いなゆるヲタ新規のひとりごと

座席の位置と、双眼鏡

実際に、劇場で双眼鏡を使ったり、使わなかったりした感想を座席ごとにまとめてみた。自己満足…。

 

☆4列以内(1000席未満の劇場)

→双眼鏡は要らない!! 心配性なので持って行ったけど、カバンから出さず。感動するほど近かった。

 

☆7列センター(1000席未満)、7列サイド(約1500席)

→たいていの人は、双眼鏡は要らない。カバンからは出したけど、使わなかった。どちらも7列目だったけれど、広い劇場のサイドの方がステージ中央まで距離がある分、遠く感じた。

 

☆帝国劇場I列サイド(9列目・オケピの分を数えると12列目に相当)

→双眼鏡はあまり使わなかった。表情がギリギリはっきり分かるぐらい。役者さんの立ち位置が遠い時やしっかり見たい場面など、要所で6倍の双眼鏡を使用。ただ、使うのに少し躊躇する距離。

 距離よりも気になったのは、見切れ。ステージの手前はちゃんと見えるけれど、奥の方は1/3~半分ぐらい見えなかった。でも、決して遠くはないので、悪い席ではなかったと思う。

 

☆16列センター、22列サブセン(1000席未満)

☆2階5列(歌舞伎上演劇場)

→表情ははっきりとは分からないので、要所で6倍の双眼鏡を使用。倍率は6倍でちょうどいいと感じた。自分は必ず双眼鏡を持って行くけれど、すごく遠いわけではないので、双眼鏡はなくてもいいと感じる人もいるかもしれない。

 

☆3階5列(歌舞伎上演劇場)、☆2階13列(2000席未満)

→6倍の双眼鏡を使用。遠いので双眼鏡の使用に罪悪感はない。VixenアリーナM6×21だと、一度に2~3人以上(全身)が余裕で収まるぐらいの視界の広さ。表情を重点的に見たい場合は8倍の方がいいかもしれない。

 

だいたいこんな感じでしたが、その時の見たいものや、直近の座席によっても左右される部分がある気も。前列で見た直後は、いきなり後列で見た時より遠く感じたり…。いわゆる「担当」がいない公演や、全体的なダンスだけ見たい時は、後列でもあまり双眼鏡を使わなかったことも。